リング・ラードナー「アリバイ・アイク」

■作品紹介
名打者として鳴り物入りで
入団したフランク・ファレル。
成績は申し分ないのだが、
彼はある厄介な癖を持っており…。

記者であった経験を活かした
著者のユニークな野球小説は
大衆にも広く受け入れられ
言い訳する者を表す俗語としても
「アリバイ・アイク」は広まった。

■出演
フランク・ファレル(通称アイク)内匠靖明
サム      呉圭崇
ケリー     中澤まさとも
監督      出先拓也
監督の妻    尼子真理
ドリー     真一涼

★脚本:吉岡平

[`twib` not found]

司馬遷「史記-蒙恬列伝-」

【作品紹介】
秦の名将・蒙恬。
祖父・蒙驁から秦に仕え、父の蒙武、
弟の蒙殻とともに、天下統一に貢献。

だが、始皇帝の死後
悪臣たちの陰謀によって・・・

【出演】
・語り:中澤まさとも
・蒙恬:内匠靖明
・趙高:出先拓也
・李斯:柏士文
・始皇帝:呉圭崇

[`twib` not found]

ゴーゴリ「検察官」

【作品紹介】
1836年初演。
ロシアの官僚社会の腐敗を痛烈批判。
当時、特権階級から非難されるも
庶民から大喝采を浴びた。

日本でも度々上演。

【出演】
・市長:内匠靖明
・フレスタコーフ:中澤まさとも
・アンナ:山川琴美
・マリヤ:五十嵐由佳
・役人:呉圭崇、柏士文、出先拓也

[`twib` not found]

シェイクスピア「ハムレット-Hamlet-」

【作品紹介】
シェイクスピア四大悲劇の一つ。
偉大な父の死、愛する母への不信、
恋人との別れ、伯父の裏切り…

ハムレットは、押寄せる艱難の波に
苦悩し、足掻き、復讐を決意する。

【出演】
・ハムレット:内匠靖明
・クローディアス(王):出先拓也
・ガートルード(妃):内海祐紀
・ポローニアス(大臣):呉圭崇
・オフィーリア:山川琴美
・レアーティーズ:中澤まさとも
・亡霊:柏士文
・語り:尼子真理

[`twib` not found]

シェイクスピア「尺には尺を」

【作品紹介】
シェイクスピア中期(1603年頃)の作。
喜劇とも問題劇ともされる。

ウィーンの侯爵代理・アンジェロは、
風紀の乱れを正す為、婚前交渉禁止の
お触れを出すが、違反者の中に…?

蜷川幸雄氏、最後の演出舞台。
(藤木直人、多部未華子主演)

【出演】
・アンジェロ:中澤まさとも
・クローディオ:呉圭崇
・イザベラ:五十嵐由佳
・マリアナ:大島由莉子
・公爵:出先拓也
・市民:内海祐紀、尼子真理、真一涼

[`twib` not found]

魯迅「故事新編より―鋳剣」

■作品紹介
名工の父を王に殺された事を知った
息子・眉間尺。仇を討つために
肩身の剣を携えて向かうのだが…。

中国古代の神話や伝説を題材に
魯迅が創作した古典作品の代表作。

1936年:初版

かつて映画監督の鈴木清順が
映画化を目指し台本完成に至るも
予算が集まらず制作叶わず。

■出演
眉間尺    真一涼
莫耶     尼子真理
干将・黒い男 呉圭崇
楚王     柏士文
承相     中澤まさとも
語り     大島由莉子

★脚本:吉岡平

[`twib` not found]

ピランデッロ「ひと吹き」

ピランデッロ画像■作品紹介
「私の周りで次々と人が死んでいく…」
ある日、突然起こった世にも奇妙な出来事。
「私」が知った事実
そして彼の取った選択は…。

「人間なんて、運命の神の
ほんの気まぐれなひと吹きに
翻弄され続けるのだ…」

初出:1931年

■出演
わたし    呉圭崇
ベルナボ    出先拓也
カルヴェッティ 中澤まさとも
亭主    柏士文
ベルナボの姉  真一涼
若い母親    大島由莉子
少女      五十嵐由佳

★脚本:吉岡平

[`twib` not found]

ボードレール「パリの憂鬱-Le Spleen de Paris-」

pariyu【作品紹介】
「悪の華」などで知られる19世紀
フランスを代表する詩人の死後
1869年に出版された散文詩集より

・「異人さん」
・「計画」
・「どこへでも この世の外へ」

【出演】
・詩人:中澤まさとも
・男:柏士文
・語り:出先拓也、大島由莉子
・女:五十嵐由佳
・夫婦:呉圭崇、内海祐紀

[`twib` not found]

H・G・ウェルズ「透明人間-The Invisible Man-」

invisiok2【作品紹介】
1897年「SFの父」により発表。
自ら発明した薬で透明になった男…
その苦悩と狂気を描く。

映画『インビジブル』の原案になる等
何度も映像化。

【出演】
・グリフィン:中澤まさとも
・ケンプ博士:呉圭崇
・宿の女将:内海祐紀
・宿の亭主:出先拓也
・メイド:大島由莉子
・警官他:柏士文、五十嵐由佳、真一涼

[`twib` not found]

Oヘンリ「最後の一葉」

hthbok■作品紹介
街角の奇跡を描いた米国人作家の代表作。

あの最後の一葉が落ちたとき
きっと私の命も…。

Oヘンリ原作のアンソロジー映画
「人生模様(1954)」で映画化。

■出演
・ジョアンナ:五十嵐由佳
・スウ:内海祐紀
・医者:尼子真理
・ベアマン:柏士文
・語り:大島由莉子

[`twib` not found]