シェイクスピア「尺には尺を」

【作品紹介】
シェイクスピア中期(1603年頃)の作。
喜劇とも問題劇ともされる。

ウィーンの侯爵代理・アンジェロは、
風紀の乱れを正す為、婚前交渉禁止の
お触れを出すが、違反者の中に…?

蜷川幸雄氏、最後の演出舞台。
(藤木直人、多部未華子主演)

【出演】
・アンジェロ:中澤まさとも
・クローディオ:呉圭崇
・イザベラ:五十嵐由佳
・マリアナ:大島由莉子
・公爵:出先拓也
・市民:内海祐紀、尼子真理、真一涼

[`twib` not found]

平家物語より「判官都落」

【作品紹介】
鎌倉時代、琵琶法師たちが語り広めた
平家の繁栄と滅亡までを描く軍記物語。

名将・源九郎判官義経の神速果敢な用兵と
兄・頼朝との確執を描く。

【出演】
・源義経:中澤まさとも
・梶原景時:呉圭崇
・武士:柏士文
・語り:尼子真理
・都の人々:大島由莉子、内海祐紀、真一涼、尼子真理、五十嵐由佳

[`twib` not found]

江戸川乱歩「指」

yubi■作品紹介
1960年(昭和35年)発表。

患者は手術の麻酔から醒め、私を見た。
彼は気付いていない。
ピアニストとしての生涯が終わった事に…。

■出演
・私:出先拓也
・彼:柏士文
・看護婦:五十嵐由佳
・医者:中澤まさとも

[`twib` not found]

上田秋成「白峰」

%e9%9b%a8%e6%9c%88%e7%89%a9%e8%aa%9e%e3%80%80%e7%99%bd%e5%b3%b0%e3%80%80%e7%94%bb%e5%83%8f【作品紹介】
亡き崇徳院の御陵に訪れた西行法師。
そこで禅を組んでいると、どこからともなく声が聞こえてきた。
御霊として未だ、世俗に恨みを持つ崇徳院の荒ぶる姿に西行は…。

江戸後期の古典「雨月物語」より抜粋。

【出演】
西行:柏士文
崇徳院:出先拓也
信西:中澤まさとも
美福門院:大島由莉子
相模:内海祐紀

★脚本:吉岡平

[`twib` not found]

ギッシング「境遇の犠牲者」

gissing■作品紹介
高名な画家・バンクスが道端で見かけた
画才溢れる少年についていくと
そこで出会ったのは、少年の父
ホレス・キャッスルダインだった。
早速、彼の自信作を見てみると…。

当時の労働者階級を描いた
ジョージ・ギッシングの短編より音声化!

1891年初出

■出演
・ホレス・キャッスルダイン:柏士文
・ヒルダ:内海祐紀
・少年:大島由莉子
・ミユリエル:五十嵐由佳
・ゴッドフリー・バンクス:呉圭崇
・聞き手:藤本隆行

★脚本:吉岡平

[`twib` not found]

チャペック「ロボット」

robot■作品紹介
1920年チェコの作家チャペックが発表。
「ロボット」の語源を生んだ戯曲。

科学技術の発達と人間性の喪失を描く
予言書的SF作品。

■出演
・ラディウス(ロボット):内匠靖明
・ドミン社長:中澤まさとも
・ヘレナ夫人:五十嵐由佳
・ガル博士:呉圭崇
・アルクビスト建築主任:出先拓也
・TVタレント:柏士文
・ロボット・女:尼子真理、真一涼

[`twib` not found]

オスカー・ワイルド「ナイチンゲールとばらの花」

nichin■作品紹介
1888年発表の名作童話。
「無償の愛」の美しさと儚さ、
俗悪な人間社会を皮肉る。

■出演
・学生:大島由莉子
・少女:五十嵐由佳
・ナイチンゲール:内海祐紀
・バラの木:尼子真理
・語り:呉圭崇

[`twib` not found]

夢野久作「少女地獄 殺人リレー」

strir■作品紹介
昭和9年(1934年)発表。
連作「少女地獄」より「殺人リレー」。

「女車掌なんかになってはいけません―」
書簡形式で少女たちの破滅が綴られる。

1997年、監督・石井聰亙
出演・小嶺麗奈・浅野忠信で映画化。

■出演
・友成トミ子:五十嵐由佳
・月川ツヤ子:真一涼
・松浦ミネ子:内海祐紀
・酔客:柏士文
・新高竜夫:内匠靖明

[`twib` not found]

久生十蘭「母子像」

母子像画像■作品紹介
昭和27年初夏。
ある少年が進駐軍の
厚木キャンプを放火した。

なぜ少年はそのような
愚行を犯したのか?

周囲の大人たちによって
語られる少年の姿は
一体、どれが真実なのか…。

昭和28年、吉田健一の訳で
「ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン」紙主催
国際短編小説コンクール1等の名作。

■出演

泉太郎:真一涼
ヨハネ:柏士文
太郎の母:尼子真理
米兵:呉圭崇
警察官:中澤まさとも
女性警察官:内海祐紀
ナレーション:出先拓也

★脚本:吉岡平

[`twib` not found]

山川方夫「夏の葬列」

夏の葬列 画像

【作品紹介】
太平洋戦争終戦前日から10数年。
「わたし」があの時犯した過ちと後悔に苛まれながら向かったのは、
当時疎開していた村だった。

国語の教材にも選ばれた異色の名作。
初出:1962年「ヒッチコックマガジン」

【出演】
わたし/大人:出先拓也
わたし/少年:真一涼
ヒロ子:五十嵐由佳
村の少年:中澤まさとも
村人:柏士文

★脚本:吉岡平

[`twib` not found]