鈴木三重吉「ぶしょうもの」

ある場所にとても不精な親子がいました。
とにかく、とてもとても不精で寝たばこで家事を起こしても面倒がって全く逃げようとせず…。

【朗読】出先拓也

※出演者の自宅で録音した朗読作品です。

芥川龍之介「孤独地獄」

私(芥川)が母から聞いたのは大通である大叔父・細木香以の話であった。
彼が吉原の玉屋で禅超という僧侶と会った事から物語は始まり…。

※大通とは…遊興に詳しい、ほんとうに通の人、など。

【朗読】出先拓也

※出演者の自宅で録音した朗読作品です。