芥川龍之介「仙人」

芥川龍之介「仙人」■作品紹介
ある日、仙人になりたいと願う男が
口入屋を訪れ、藁にもすがる思いで
奉公先に決めたのはある医者夫婦だった…。

同名作品が複数存在しており
その中でも道徳的要素が強い
一風変わった作品である。

1922(大正11年)初出

■出演
権助   柏士文
番頭   呉圭崇
医師   中澤まさとも
医師の妻 大島由莉子

★脚本:吉岡平

[`twib` not found]