ドストエフスキー「白夜-Белые ночи-」


【作品紹介】
ロシアの大文豪1848年の作。
孤独な空想家は薄幸の美女と出会い、夜の逢瀬を重ねるが…
ルキノ・ヴィスコンティ監督らにより何度も映画化。

【出演】
・孤独な男:後藤ヒロキ
・ナースチェンカ:儀武ゆう子
・青年:相原嵩明
・語り:呉圭崇

フローベール「聖ジュリアン伝」

■作品紹介
幼い頃から狩りを好み、容赦なく獲物を仕留めていた冷酷無比なジュリアン。
成長してさらにその性格に拍車が掛かった彼は狩りの最中に鹿の王を殺してしまう。
それをきっかけに彼の人生は大きく一転して…

初出:1877年
フローベール晩年の作品。
療養中に見かけた教会のステンドグラスから着想を得たとされている。
又、モーパッサンの叔父で、彼を弟子に取り、たいそう可愛がっていたそうだ。

■出演
ジュリアン  中澤まさとも
父      平居正行
母      大島由莉子
王      呉圭崇
王女     五十嵐由佳
鹿の王/老人 出先拓也
語り     山川琴美

☆脚本:吉岡平

知里真志保編訳「えぞおばけ列伝 ラッコ狩り奇談」

【作品紹介】
知里真志保は、1909年アイヌの名門カンナリに生まれた言語学者、北海道大学教授。
東京帝国大学言語学科で金田一京助に師事。
姉は『アイヌ神謡集』の著者・知里幸恵。

漫画「ゴールデンカムイ」にも登場した「らっこ鍋」のエピソード。

【出演】
・若者:儀武ゆう子
・少女:朝比奈幸
・老父:相原嵩明
・酋長:後藤ヒロキ
・語り: 呉圭崇

シュトルム「みずうみ」

■作品紹介
高名な文学者ラインハルト・ヴェルナー。
執筆中に手を止め、ふと手にした写真には一人の少女が写っていた。
彼はその写真に写る少女との実らなかった初恋に想いを馳せて…。
移りゆく人の心を緩やかに描いた名作をオーディオドラマ化。
初出:1849年

■出演
ラインハルト
少年時代   藤本教子
青年時代   髙坂篤志
老年時代   出先拓也
エリザベート 五十嵐由佳
母親     大島由莉子
エーリッヒ  平居正行
語り手    内海祐紀

★脚本:吉岡平

きく名画のドラマ「エドゥアール・マネ/フォリー・ベルジェールのバー」


1832年、パリの上流階級に生まれ
「印象派の草分け」、「近代絵画の父」と呼ばれたマネ
最晩年の代表作「フォリー=ベルジェールのバー」。
華やかなパリを愛した画家にふさわしい最後の傑作と言われています。

【出演】
・語り: 儀武ゆう子

【登場名画】
・草上の昼食
・オランピア
・笛を吹く少年
・チュイルリー公園の音楽会
・フォリー=ベルジェールのバー

シェイクスピア「ロミオとジュリエット」


【作品紹介】

1595年頃初演。
相憎む二つの家に生まれ、純粋ゆえに破滅へと疾走する若者達を描く悲劇。
物語の舞台となったイタリアのヴェローナには今もジュリエットの像が立つ。

【出演】
・ロミオ:相原嵩明
・ジュリエット:朝比奈幸
・ロレンス神父:後藤ヒロキ
・語り:呉圭崇

太宰治「フォスフォレッスセンス」

■作品紹介
夢の中で妻と密かな逢瀬を楽しむ私。
現実と夢、2つの世界を行き来していたある日、私は思い立って夢の中の妻に現実で会いに行く。
締め切り当日になっても原稿を書いてなかった太宰が口述筆記をして編集者に渡した作品と言われている。

初出:1948年3月
2019年9月太宰を描いた「人間失格」も映画化。

■出演
私  出先拓也
妻  藤本教子
鳥  内海祐紀
編集 髙坂篤志
亭主 平居正行
女中 五十嵐由佳

織田作之助「人情噺」

■作品紹介
取り立てて取柄の無い男・三平が主の勧めで嫁を持って15年。
ある日、彼の人生を変える出来事が…。

情けは人の為ならず

巡り巡っていつか自分に返ってくるものである。

■出演
三平 平居正行
主人 出先拓也
内儀 内海祐紀
女中 藤本教子
語り 大島由莉子

☆脚本:吉岡平

ベアトリクス・ポター「わるねずふたりぐみのはなし」

■作品紹介
ドールハウスに住んでいるルシンダとジェーン。
2人がドライブに出かけると、そのすきを狙ってねずみのおやゆびトムともぐもぐハンカの2匹が忍び込んでくるのだが…。

訳:おおくぼゆう

■出演
おやゆびトム  髙坂篤志
もぐもぐハンカ 大島由莉子
ルシンダ    五十嵐由佳
ジェーン    藤本教子
語り      出先拓也

北条民雄「すみれ」

■作品紹介
山奥で一人寂しく暮らす音吉。
妻も亡くなり、孤独に耐えられなくなった彼は人里に降りようとさっそく準備を始める。
そんな時、庭の片隅でひっそりと咲くすみれの花に目が留まり…。

作者は若くして病に倒れ、その時に書かれたもの。
どんな境遇であろうとも懸命に生きる大切さを説いている。

初出:1935(昭和10)年

■出演
音吉    平居正行
すみれ   真一涼
語り    藤本教子

御伽草子「俵藤太 百足退治の逸話」

■作品紹介
939年、平将門の乱が起き、それを鎮めるために派遣された武将・藤原秀郷。
またの名を俵藤太。

彼がなぜ、「俵藤太」という通り名をつけられたのか。
今回は、その由来にまつわる話をお届けします。

■出演
俵藤太 出先拓也
将門  髙坂篤志
経明  呉圭崇
貞盛  中澤まさとも
大蛇  山川琴美
妹   藤本教子
町娘  真一涼
語り  内海祐紀

☆脚本:吉岡平

宮原晃一郎「虹猫と木精」

■作品紹介
雲の国への旅行から帰ってきた虹猫が
次に向かったのは、木精(こだま)の国。
そこで木精の頭にある頼まれ事をされると…。
今回も、虹猫の知恵が冴え渡ります!
初出:1927(昭和27)年

■出演
虹猫   五十嵐由佳
木霊の頭 髙坂篤志
女王   内海祐紀
語り   山川琴美
やぶ薔薇 平居正行

永井荷風「踊子」

■作品紹介
浅草の一座で働く山野と内縁の妻・花枝。
彼女の妹・千代美が上京したところから物語は幕を開ける。
奔放な千代美に巻き込まれた日々を送る山野はある日、彼女からある事を告げられて…。

初出:1957(昭和32)年

■出演
山野   中澤まさとも
千代美  五十嵐由佳
花枝   藤本教子
田村   呉圭崇

☆脚本:吉岡平

田中貢太郎「青い紐」

■作品紹介
仲間との飲み会を離れ、
一人で店に入った桃山哲郎。
何となく物足りなさを感じてた彼は、
先ほど友人から聞いた
ステッキを売る怪しげな老婆を
探してみようと思い立ち…。

初出:改造社「日本怪談全集 第一巻」より1934(昭和9)年

■出演
桃山哲郎   出先拓也
女      内海祐紀
男      中澤まさとも
男2     平居正行
新聞記者   呉圭崇
バーテン   髙坂篤志
語り     藤本教子

鈴木三重吉「デイモンとピシアス」

【作品紹介】
1920年、児童雑誌『赤い鳥』で発表。
作者は同雑誌の創刊者でもある。
この作品と同じく「友情と信頼」をテーマにした太宰治のあの小説は1940年発表。

出演】
・ディオニシアス:柏士文
・ピシアス:真一涼
・デイモン:山川琴美
・語り:呉圭崇

永井荷風「つゆのあとさき」

【作品紹介】
放蕩と無頼の作家、1931年の作品。
昭和初期の東京・銀座を舞台に、逞しく自由と性を謳歌する女給の姿を描く。

1956年、中村登監督、杉田弘子、大木実、有馬稲子、東野英治郎出演で映画化。

【出演】
・君江:五十嵐由佳
・清岡進:中澤まさとも
・松崎:呉圭崇
・矢田:柏士文
・川島金之助:出先拓也
・運転手:髙坂篤志
・語り:大島由莉子

旧約聖書「士師記」より「サムソンとデリラ」

■作品紹介
紀元前1150年、ペリシテ人たちに虐げられていたヘブライの民をその剛力無双で開放に導いたサムソン。

だが、彼を快く思わぬペリシテ人たちから美女・デリラが刺客として送り込まれて…。

過去に何度も映画化。
作曲家・サン=サーンスによるオペラは今も人々の心を震わせる。

■出演
サムソン  出先拓也
デリラ   大島由莉子
大司祭   呉圭崇
アビメレク 柏士文
少年    真一涼
未亡人   藤本教子
語り    尼子真理

☆脚本:吉岡平

ヘッベル「ユディト-Judith-」

【作品紹介】
ドイツ最大の悲劇作家1840年の処女作。
旧約聖書外典【ユディト記】より
敵将を惑乱し首を取った美女の物語を脚色。
クリムト、ボッティチェリ、クラナーハ、カラヴァッジオ等、多くの画家にも描かれた。

【出演】
・ユディト:大島由莉子
・ホロフェルネス:中澤まさとも
・ミルファ:五十嵐由佳
・エーフライム:柏士文
・兵士:呉圭崇

渡辺温「薔薇の女」

■作品紹介
偶然、馬車に乗り合わせた者同士で話題に出たのは、義賊・ザバタスだった。
しかし話をしてると事態は妙な方向に…。

初出:1927(昭和2年)

■出演
私      平居正行
パリロ    呉圭崇
フェリラ   柏士文
ラメツ    髙坂篤志
男      中澤まさとも
女      山川琴美

唯円「歎異抄」


【作品紹介】
浄土真宗宗祖、親鸞死後、師の教えと異なった教えが伝えられていることを嘆いた弟子によって記された。
対話形式の九条と十三条を抜粋。

【出演】
・親鸞:出先拓也
・唯円:髙坂篤志

野村胡堂「銭形平次捕物控 茶汲み四人娘」

■作品紹介
八五郎が追っかけてた
「茶汲み娘連続髪切り事件」で
まさかの人死にが!
それを聞いた我らが銭形の親分は早速事件を調べ始めると…。

初出:1951(昭和26)年

■出演
平次    出先拓也
八五郎   髙坂篤志
お北    大島由莉子
お瀧    藤本教子
お浪    真一涼
お伊曾   五十嵐由佳
岩吉    平居正行
申松    中澤まさとも
語り    山川琴美