渡辺温「イワンとイワンの兄」

■作品紹介
賢い兄と知恵の足りない弟のイワン。
亡き父はイワンの将来を案じて
「行く末」を彼に残したのだが…。

初出:「新青年」1928(昭和3)年1月

■出演
イワン    中澤まさとも
イワンの兄  呉圭崇
娘      五十嵐由佳
父      出先拓也
語り     尼子真理

[`twib` not found]

ジュール・ルナール「にんじん-Poil de carotte-」

【作品紹介】
フランスのとある田舎町の夏休み。
赤毛の少年は、学生寮から帰省した。
彼を嫌悪し「にんじん」と呼ぶ母親と
息子に無関心な父親の待つ家へ…。

1894年小説版出版。
舞台・映画・ドラマ・アニメ化。

【出演】
・にんじん:五十嵐由佳
・父(ルピック氏):内匠靖明
・母(ルピック夫人):大島由莉子
・アンネット:真一涼
・語り:中澤まさとも

※主に山田珠樹氏翻訳「赤毛(戯曲にんじん)」から構成。

[`twib` not found]

説教話「しんとく丸」

■作品紹介
子宝に恵まれぬ長者夫婦が
清水の観音に願掛けをすると…。
前世の宿業を許されて
授かったのは玉のような男の子。

しんとく丸と名付けられ
立派に育つが、その人生は
苦難に満ちたものであり…。

説教話の代表作。
これが記された最古の刊本は
1648年、佐渡七太夫正本。

現代では様々な形で派生しており
藤原竜也主演の「身毒丸」もそのひとつ。

■出演
しんとく丸   真一涼
乙姫      山川琴美
信吉の長者(樵) 柏士文
妻(蛇)     大島由莉子
義母(燕)    内海祐紀
仲光(雉)    呉圭崇
観音      中澤まさとも
語り手     出先拓也

☆脚本:吉岡平

[`twib` not found]

吉田兼好「徒然草-四十五段、六十八段-」

【作品紹介】
日本三大随筆の一つより

・榎木の僧正(四十五段)
・筑紫の押領使(六十八段)

深く信をいたしぬれば
かかる徳もありけるにこそ…

【出演】
・吉田兼好:内海祐紀
・良覚僧正:呉圭崇
・押領使:大島由莉子
・賊:出先拓也
・賊:柏士文
・??:中澤まさとも
・??:髙坂篤志
・女:尼子真理、五十嵐由佳、真一涼、山川琴美

[`twib` not found]

モーパッサン「墓」

■作品紹介
ある若者が墓荒らしで逮捕された。
そして法廷では今、まさに
彼の処刑が決まろうとしていたが…。

愛に殉じ、己の信念を貫いた
男の情け深さを描いた作品。

初出:1937年

■出演
バタイユ    髙坂篤志
墓守ヴァンサン 柏士文
裁判官     呉圭崇
陪審員     中澤まさとも
検事      出先拓也
語り      内海祐紀

[`twib` not found]

マルキ・ド・サド「ロドリグあるいは呪縛の塔」

【作品紹介】
「サディズム」の語源として知られる
異端・淫猥・背徳的作家の怪奇小説。

スペイン王ロドリグは、反乱軍殲滅の為
財宝の眠る「呪縛の塔」に入るが…?

【出演】
・ロドリグ:髙坂篤志
・フロランド:山川琴美
・語り:呉圭崇
・巨人:出先拓也
・女:尼子真理
・獣:柏士文
・鷲:中澤まさとも
・霊:大島由莉子、内海祐紀、真一涼、五十嵐由佳、平居正行ほか

[`twib` not found]

海野十三「街の探偵」

■作品紹介
「探偵はタフでなくてはならない」
これは、ある街で生きる探偵たちの日常。
彼らは今日も日々を駆け抜けていく。

「シュピオ」1938(昭和13)年4月号

■出演
僕      内匠靖明
帆村     出先拓也
警官     髙坂篤志
刑事     柏士文
研究者    平居正行
軍医     呉圭崇

[`twib` not found]

牧逸馬「都会冒険-マチネー-」

【作品紹介】
1925年初出。
ニューヨークフリープレスの記者
ヘンリー・フリントの街角の悲喜劇。
短編シリーズ「都会冒険」の一遍。

【出演】
・ヘンリー・フリント:中澤まさとも
・マックレガア:呉圭崇
・美女:五十嵐由佳
・劇場支配人:出先拓也
・客:柏士文、髙坂篤志ほか
・街娼:内海祐紀、尼子真理、真一涼、山川琴美、内匠靖明

[`twib` not found]

林芙美子「『リラ』の女達」

■作品紹介
銀座料理店「リラ」で働く女給たち。
彼女らを取り囲む日々の移ろいは
喜びも悲しみも全てが時の中に
過ぎ去っていく。

不安定な時代の中で迷いながら、
それでも懸命に生きようとする
女性たちのしなやかさが
軽やかな筆致で描かれた秀作を音声化。

■出演
直子       真一涼
お粒       五十嵐由佳
せん子      尼子真理
百合子       山川琴美
サトミ       内海祐紀
牧     出先拓也
中村       中澤まさとも
岡田       柏士文
男性客1      髙坂篤志
男性客2      呉圭崇

[`twib` not found]

江戸川乱歩「白昼夢」

【作品紹介】
1925(大正14)年発表。
それは、白昼の悪夢か現実か。
晩春の蒸し暑い午後、男は叫んだ。

「俺は、女房を殺すほど愛していた!」

【出演】
・私:中澤まさとも
・真柄太郎:内匠靖明
・警官:柏士文
・聴聞者:内海祐紀、尼子真理、山川琴美
出先拓也、呉圭崇、髙坂篤志、真一涼、五十嵐由佳

[`twib` not found]