江戸川乱歩「踊る一寸法師」

■作品紹介
あるサーカス団のいじられキャラとしてからかわれている一寸法師の緑。
その日も打ち上げで呑めない酒を無理やり飲まされてしまい…。

乱歩独自の奇妙な世界観で描かれており過去に何度も映像化された。

他にもオマージュ作品で
「盲獣VS一寸法師」
監督:石井輝男 主演:リリー・フランキー

という映画も。

■出演
一寸法師の緑(ろく) 内匠靖明
軽業師       平居正行
猿股        中澤まさとも
お花        内海祐紀
お囃子       真一涼
手品師       柏士文
語り        出先拓也

竹久夢二「絵入り小唄集 どんたく」


【作品紹介】
画家、詩人、作家、デザイナー…
大正ロマンのマルチアーティスト竹久夢二。
29歳で発表した処女出版詩集『どんたく』から4詩をイラストと共に紹介。

・紡車(いとぐるま)
・かくれんぼ
・みしらぬしまへ
・宵待草(よいまちぐさ)

【出演】
大島由莉子、五十嵐由佳

三好十郎「炎の人 ゴッホ小伝」

【作品紹介】
1951年劇団民芸初演、第3回読売文学賞受賞の戯曲。
19世紀を代表する画家、ゴッホとゴーガン。
ゴッホの弟テオの支援もあり、南フランス・アルルで共同生活を始めたが…。

【出演】
・ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ:内匠靖明
・テオドール・ヴァン・ゴッホ:髙坂篤志
・ポール・ゴーガン:出先拓也
・ラシェル:内海祐紀
・男:中澤まさとも

サン=テグジュペリ「戦う操縦士」

【作品紹介】
誰よりも空と自由を愛した
サン=テグジュペリ。
最後の最後まで操縦士としての
任務を全うし続けた彼がその果てに
見たものは…。

映画「紅の豚」で1920年代の
飛行艇乗りを描いた宮崎駿は
サン=テグジュペリの愛読者である。

初出:1942年

【出演】
サン=テグジュペリ 呉圭崇
デュテルトル中尉  中澤まさとも
機銃手       平居正行
アリアス少佐    出先拓也
フランソワ     真一涼

【脚本】吉岡平

ロスタン「シラノ・ド・ベルジュラック」

【作品紹介】
1897年初演のフランスの戯曲
現在まで日本を含む世界中で上演。
17世紀に実在した剣豪作家が主人公。

大きく長すぎる鼻を気にするシラノは
愛するロクサーヌに思いを告げらない。
だが、ある時、彼女に呼ばれ…。

【出演】
・シラノ・ド・ベルジュラック:内匠靖明
・ロクサーヌ:五十嵐由佳
・クリスチャン:中澤まさとも
・語り:大島由莉子

きく名画「レンブラント/夜警」

 

きく名画のドラマ第5弾。

バロック期の巨匠による世界三大名画の一つ「夜警」。
【光の魔術師】の代表作を、波乱に満ちた生涯と共に紹介。

発表当時の評判は…?
名画に描かれた発注者たちの反応は…?

【出演】
・ナレーション:大島由莉子

【登場名画】
「夜警」「自画像」「トビトとアンナ」
「長老たちに脅かされるスザンナ」「フローラに扮したサスキア」
「ガラリヤの海の嵐」「ペリシテ人に目を潰されるサムソン」「イサクの犠牲」
「テュルプ博士の解剖学講義」「ダビデ王の手紙を手にしたバテシバの水浴」
「クラウディウス・キウィリスの謀議」「放蕩息子の帰還」
「アレクサンダー大王」「聖ペトロの否認」「酒場のレンブラントとサスキア」

 

昔話「かちかち山」

■作品紹介
誰もが知ってるかちかち山。
本当はとても恐ろしい話だったというのは
みなさん御存じでしたか?

「やられたらやりかえす、倍返しだ!」

■出演
うさぎ   山川琴美
たぬき   高坂篤志
おじいさん 柏士文
おばあさん 大島由莉子
語り    五十嵐由佳

紫式部「紫式部日記」

【作品紹介】
1010年(寛弘7年)頃成立。
慣れない宮廷生活や藤原道長との思い出
清少納言らの批評などを綴る。

【出演】
・紫式部:大島由莉子
・藤原道長:呉圭崇
・清少納言:五十嵐由佳
・女房:内海祐紀、尼子真理、山川琴美

梅崎春生「蜆」

■作品紹介

戦後の混迷期、寒さに震える「私」に
いきなり自ら着ていた外套を与えた「男」。
その後、何度も偶然の出会いを果たすうち
彼が「私」に告げたある出来事とは…。

初出:1947(昭和22)

■出演
私     中澤まさとも
男     平居正行
おじさん  内匠靖明
娘     五十嵐由佳

☆脚本:吉岡平

夏目漱石「草枕」

【作品紹介】
1906(明治39)年発表。
日露戦争中、世俗を厭う青年画家は
「非人情の旅」に出かける。

漱石の文学論・芸術論・文明論などが
随所に語られる「俳句的小説」。

【出演】
・画工 :内匠靖明
・那美:内海祐紀
・久一:平居正行