泉鏡花「高野聖」

【作品紹介】
1900(明治33)年発表。
泉鏡花28歳の出世作。

飛騨から信州への山越えの途中
若い僧は艶麗な怪異に出会う…。
度々映像化、歌舞伎・舞台化。

【出演】
・僧:中澤まさとも
・女:五十嵐由佳
・親仁:内匠靖明
・小男:大島由莉子
・百姓:平居正行
・薬売:呉圭崇
・語り:出先拓也

正宗白鳥「妖怪画」

【作品紹介】
明治40(1907)年発表。
自然主義文学の代表作家による幻想小説。

世間を断絶した玲瓏な画家は
「百鬼夜行の図」に醜女を加える。
そこに鬱陶しい知人達が訪れ…。

【出演】
・新郷森一:髙坂篤志
・お鹿:山川琴美
・老女:真一涼
・桐島:平居正行
・君女:大島由莉子
・語り:出先拓也

豊島与志雄「白血球」

■作品紹介
近所で化け物屋敷と評判の家に
ある家族が引っ越してきた。

女中部屋の押入れから漂う陰気が
気になったが主の晋吉は
「ほんとの化け物屋敷なら家賃も下がる」
気楽に構えていた。
だが、あるとき刑事が家を訪ねてきて…。

押入れの奥に潜む恐怖を描いたホラー作品。

初出:1921(大正10)年

■出演 
晋作     柏士文
秋子     内海祐紀
綾子     大島由莉子
清      五十嵐由佳
晋吉     真一涼
中井刑事   呉圭崇
老人     平居正行
男      髙坂篤志
語り     山川琴美

宮沢賢治「ざしき童子のはなし」

【作品紹介】
1926年(大正15年)発表。
東北地方に伝わる「ざしきわらし」
賢治の住むところにもいたそうです。
いったい、どんなのでしょう?

原作の4つのお話から2つを紹介。

【出演】
・語り:柏士文
・渡し守:髙坂篤志
・きれいな童子:大島由莉子
・大人:平居正行
・子供:五十嵐由佳、真一涼、山川琴美、内匠靖明、中澤まさとも

マルキ・ド・サド「ロドリグあるいは呪縛の塔」

【作品紹介】
「サディズム」の語源として知られる
異端・淫猥・背徳的作家の怪奇小説。

スペイン王ロドリグは、反乱軍殲滅の為
財宝の眠る「呪縛の塔」に入るが…?

【出演】
・ロドリグ:髙坂篤志
・フロランド:山川琴美
・語り:呉圭崇
・巨人:出先拓也
・女:尼子真理
・獣:柏士文
・鷲:中澤まさとも
・霊:大島由莉子、内海祐紀、真一涼、五十嵐由佳、平居正行ほか

江戸川乱歩「白昼夢」

【作品紹介】
1925(大正14)年発表。
それは、白昼の悪夢か現実か。
晩春の蒸し暑い午後、男は叫んだ。

「俺は、女房を殺すほど愛していた!」

【出演】
・私:中澤まさとも
・真柄太郎:内匠靖明
・警官:柏士文
・聴聞者:内海祐紀、尼子真理、山川琴美
出先拓也、呉圭崇、髙坂篤志、真一涼、五十嵐由佳

フレデリック・マリヤット「人狼」

【作品紹介】
「人狼」を主題にした最も古い作品。

著者マリヤット(1792-1848)は
作家であり、英国海軍士官(艦長)。
優れた海洋小説・恐怖小説を多く残した。

【出演】
・僕:中澤まさとも
・父:呉圭崇
・母:山川琴美
・兄(シーザー):内海祐紀
・妹(マーセラ):五十嵐由佳
・ウィルフレッド:出先拓也

海野十三「骸骨館」

■作品紹介
いつも仲良し5人組が思いついた壮大ないたずら。
それはたちまち子供たちの間で注目の的になって…。

遊び心全開ではしゃぐ少年たちが体験したひと夏の冒険。

初出:「こども朝日」朝日新聞社1946(昭和21)年10月1日号

■出演
一郎    真一涼
清     中澤まさとも
良     内海祐紀
鉄     呉圭崇
ブウちゃん 五十嵐由佳
正太    柏士文
勇子    尼子真理
トシ子   五十嵐由佳
男     内匠靖明
語り    出先拓也

小泉八雲「破約-OF A PROMISE BROKEN-」

【作品紹介】
1901年出版『日本雑記』より。

「決して再婚はしない」

武士は、死の床にある妻に誓う。
だが、その約束が破られた時…。

【出演】
・夫:柏士文
・妻:内海祐紀
・後妻:五十嵐由佳
・武士:中澤まさとも、呉圭崇
・語り:内匠靖明

小泉八雲「衝立の乙女」

■作品紹介

篤敬という若い書生が
衝立に描かれた美しい乙女に
魅入られ、惹かれるまま
それを手に取るのだが…。

小泉八雲作品の中でも
あまり怖くない変わり種。

今も昔も二次元に夢中な人は
同じような事を考えているようで…

■出演
語り    出先拓也
篤敬    柏士文
道具屋   内匠靖明
老学者   呉圭崇
衝立の乙女 尼子真理