ピランデッロ「ひと吹き」

ピランデッロ画像■作品紹介
「私の周りで次々と人が死んでいく…」
ある日、突然起こった世にも奇妙な出来事。
「私」が知った事実
そして彼の取った選択は…。

「人間なんて、運命の神の
ほんの気まぐれなひと吹きに
翻弄され続けるのだ…」

初出:1931年

■出演
わたし    呉圭崇
ベルナボ    出先拓也
カルヴェッティ 中澤まさとも
亭主    柏士文
ベルナボの姉  真一涼
若い母親    大島由莉子
少女      五十嵐由佳

★脚本:吉岡平

[`twib` not found]

ボードレール「パリの憂鬱-Le Spleen de Paris-」

pariyu【作品紹介】
「悪の華」などで知られる19世紀
フランスを代表する詩人の死後
1869年に出版された散文詩集より

・「異人さん」
・「計画」
・「どこへでも この世の外へ」

【出演】
・詩人:中澤まさとも
・男:柏士文
・語り:出先拓也、大島由莉子
・女:五十嵐由佳
・夫婦:呉圭崇、内海祐紀

[`twib` not found]

野村胡堂「銭形平次捕物控-白梅の精-」

heiji■作品紹介
春の訪れが聞こえ始めたころ、
巷で噂の白梅屋敷で夜な夜な現れる
という「白梅の精」の正体を見極めんと
銭形の親分が立ち上がり…。

初出:1952年(昭和27年)

■出演
平次     出先拓也
八五郎    内海祐紀
喜七     柏士文
お組     五十嵐由佳
金兵衛    呉圭崇
お作/茶店の婆 真一涼
百助     中澤まさとも
語り     大島由莉子

[`twib` not found]

H・G・ウェルズ「透明人間-The Invisible Man-」

invisiok2【作品紹介】
1897年「SFの父」により発表。
自ら発明した薬で透明になった男…
その苦悩と狂気を描く。

映画『インビジブル』の原案になる等
何度も映像化。

【出演】
・グリフィン:中澤まさとも
・ケンプ博士:呉圭崇
・宿の女将:内海祐紀
・宿の亭主:出先拓也
・メイド:大島由莉子
・警官他:柏士文、五十嵐由佳、真一涼

[`twib` not found]

中勘助「漱石先生と私」

中勘助 画像■作品紹介
「私が初めて先生と出会ったのは
第一高等学校に英語教師として
赴任されたときだった…」

夏目漱石の弟子として静かな輝きを放った中勘助が師との邂逅から別れまでを描いた名作。

■出演
私(中勘助) 中澤まさとも
夏目漱石   出先拓也
寺田虎彦   呉圭崇
学生1    内海祐紀
学生2    呉圭崇
夏目家の女中 尼子真理

★脚本:吉岡平

[`twib` not found]

江戸川乱歩「お勢登場」

ostoj■作品紹介
1926年(大正15年)発表。
夫の病を良い事に不貞を続けるお勢。
全てを知りつつも妻の愛撫を待つ格太郎。
或る日、彼は息子と隠れん坊に興じ…?

2017年2月舞台化。
(黒木華主演、倉持裕作・演出)
過去にドラマ化・映画化、
池上遼一により漫画化等。

■出演
・格太郎:中澤まさとも
・格二郎:呉圭崇
・お勢:五十嵐由佳
・正一:内海祐紀
・正一の友:尼子真理
・語り:出先拓也

[`twib` not found]

中島敦「悟浄出世」

gojyousyuxtutatu■作品紹介
西遊記で知られる河童の妖怪・沙悟浄。
彼がなぜ悟空達と旅をする事となったか…?

天竺を目指す旅の前日譚として描かれた
異色の短編。
最近では万城目学「悟浄出立」も文庫化。

■出演
悟浄        中澤まさとも
黒卵道人 坐忘先生 呉圭崇
沙虹陰士 木叉恵岸 内海祐紀
班衣けっ婆     五十嵐由佳
観世音菩薩     尼子真理
語り 魚怪     出先拓也

[`twib` not found]

国木田独歩「あの時分」

dopp■作品紹介
過ぎ去った学生時代―。
語れば青春の血潮、頬にのぼり
目輝き、声までが艶を持ち
優しさや涙さえ催される―。

そんな明治の「あの時分」を
自然主義文学の先駆者が振り返る。

■出演
・私:中澤まさとも
・木村:出先拓也
・鷹見:呉圭崇
・樋口:尼子真理
・女主人:内海祐紀
・鸚鵡:五十嵐由佳

[`twib` not found]

小川未明「百合の花」

百合の花 画像■作品紹介
村一番のわんぱく者・太郎が
いつものように遊びまわっている最中に
起きた不思議な出来事。

夢と現の狭間に迷い込んだ
少年は果たして…。

1906(明治39年)初出。

■出演
太郎:中澤まさとも
花:五十嵐由佳
勇:内海祐紀
荻原の婆:尼子真理
語り:呉圭崇

[`twib` not found]

Oヘンリ「最後の一葉」

hthbok■作品紹介
街角の奇跡を描いた米国人作家の代表作。

あの最後の一葉が落ちたとき
きっと私の命も…。

Oヘンリ原作のアンソロジー映画
「人生模様(1954)」で映画化。

■出演
・ジョアンナ:五十嵐由佳
・スウ:内海祐紀
・医者:尼子真理
・ベアマン:柏士文
・語り:大島由莉子

[`twib` not found]