太宰治「津軽」

【作品紹介】
1944年刊行、太宰の自伝的小説。
作家は故郷を歩き、旧知の人々と触れ合い、自らの本質を見出していく。

【出演】
・太宰治:中澤まさとも
・N:柏士文
・S:髙坂篤志
・H:出先拓也
・兄:呉圭崇
・妻:尼子真理
・女:真一涼
・太宰(子供時代):山川琴美
・たけ:藤本教子

チェーホフ「マリ・デル」

■作品紹介
女優として成功したナターリヤ。
私生活は飲んだくれの夫・デニースが次々に新事業を立ち上げては失敗続きだった。

その日も夫が酔っぱらって帰宅して…。
初出:1960(昭和35)年
■出演
ナターリア 大島由莉子
デニース  出先拓也

坪内逍遥「家庭用児童劇-触ると金-」

【作品紹介】
シェイクスピア戯曲の翻訳で知られる著者が、子供たちが家庭内で演じる為に発表。
1922(大正11年)刊行。

【出演】
・爺:内海祐紀
・こがね:五十嵐由佳
・女中:尼子真理
・大黒さま:大島由莉子

イプセン「民衆の敵 En Folkefiende」


【作品紹介】

「近代演劇の父」による1882年作。
温泉の発見で賑わう田舎町に
工場の排水による汚染が発見され…。

社会における「真実と正義」
「虚偽と繁栄」を問いかける。

【出演】
・ストックマン医師:髙坂篤志
・町長:内匠靖明
・ストックマン夫人:内海祐紀
・ホヴスタット:出先拓也
・民衆: 五十嵐由佳、大島由莉子、山川琴美
・語り:呉圭崇

山之口莫「雨あがり」

■作品紹介
朝、雨が降ってたのに午後晴れると
傘を忘れてしまう事もあったりなかったり

雨上がりの澄んだ空気の中で
繰り広げられるほのぼのとした
親子のやり取りになんだかほっこり

■出演
僕    出先拓也
女房   尼子真理
ミミコ  大島由莉子
母    五十嵐由佳
息子   平居正行

カルロ・コッローディ「ピノッキオの冒険」

【作品紹介】
1883年初版発行。
つまらない焚き木から生まれた人形
ピノッキオは無垢で無知な考え無し。
自業自得とも言える苦難を経て
人間の子供になれるのか…?

【出演】
・ピノッキオ:五十嵐由佳
・ゼペット:大島由莉子
・コオロギ.狐.女神:藤本教子
・猫.裁判官.ロメオ.マグロ:山川琴美
・語り:尼子真理

エドモンド・デ・アミーチス「母を尋ねて三千里」

【作品紹介】
イタリア児童文学「クオレ」挿入話。
クオレはイタリア語で「心」の意味。
高畑勲監督により1976年アニメ放映。

【出演】
・マルコ:大島由莉子
・ジョセハ:藤本教子
・お爺さん:髙坂篤志
・メキネズ夫人:山川琴美
・店の主人:尼子真理
・執事:中澤まさとも
・老女:真一涼
・語り(町民):出先拓也
・移民(商人):中澤まさとも、平居正行、尼子真理、髙坂篤志

三好十郎「炎の人 ゴッホ小伝」

【作品紹介】
1951年劇団民芸初演、第3回読売文学賞受賞の戯曲。
19世紀を代表する画家、ゴッホとゴーガン。
ゴッホの弟テオの支援もあり、南フランス・アルルで共同生活を始めたが…。

【出演】
・ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ:内匠靖明
・テオドール・ヴァン・ゴッホ:髙坂篤志
・ポール・ゴーガン:出先拓也
・ラシェル:内海祐紀
・男:中澤まさとも

渡辺温「イワンとイワンの兄」

■作品紹介
賢い兄と知恵の足りない弟のイワン。
亡き父はイワンの将来を案じて
「行く末」を彼に残したのだが…。

初出:「新青年」1928(昭和3)年1月

■出演
イワン    中澤まさとも
イワンの兄  呉圭崇
娘      五十嵐由佳
父      出先拓也
語り     尼子真理

ジュール・ルナール「にんじん-Poil de carotte-」

【作品紹介】
フランスのとある田舎町の夏休み。
赤毛の少年は、学生寮から帰省した。
彼を嫌悪し「にんじん」と呼ぶ母親と
息子に無関心な父親の待つ家へ…。

1894年小説版出版。
舞台・映画・ドラマ・アニメ化。

【出演】
・にんじん:五十嵐由佳
・父(ルピック氏):内匠靖明
・母(ルピック夫人):大島由莉子
・アンネット:真一涼
・語り:中澤まさとも

※主に山田珠樹氏翻訳「赤毛(戯曲にんじん)」から構成。

落語「初天神」

■作品紹介
天神さんへ初天神のお参りに
行こうとしたおっ父。
だが、それを聞いた息子の金坊が
「連れてけ連れてけ」と騒ぎ立て…。

古典落語の代表作、最近では
NHK「超入門!落語 THE MOVIE」でも
放映された春風亭一之輔師匠の
「初天神」がおすすめ。

■出演
おっ父  中澤まさとも
おっ母  内海祐紀
金坊   真一涼
飴屋   出先拓也
団子屋  呉圭崇

ギッシング「境遇の犠牲者」

gissing■作品紹介
高名な画家・バンクスが道端で見かけた
画才溢れる少年についていくと
そこで出会ったのは、少年の父
ホレス・キャッスルダインだった。
早速、彼の自信作を見てみると…。

当時の労働者階級を描いた
ジョージ・ギッシングの短編より音声化!

1891年初出

■出演
・ホレス・キャッスルダイン:柏士文
・ヒルダ:内海祐紀
・少年:大島由莉子
・ミユリエル:五十嵐由佳
・ゴッドフリー・バンクス:呉圭崇
・聞き手:藤本隆行

★脚本:吉岡平

岡本かの子「夏の夜の夢」

夏の夜の夢 画像■作品紹介
結婚を控え、少々落ち着かない日々を過ごす歳子。
兄の家に訪れた夜、眠れぬ彼女は夜の散歩に出かけると、
そこで出会ったのは兄の友人と名乗る男であった。
ひと夏の経験が歳子にもたらしたものとは…。
岡本かの子の端正な筆致が光る名作。

1937年初出

■出演
歳子:五十嵐由佳
牧瀬:藤本隆行
兄:柏士文
章吉:呉圭崇
語り:尼子真理

長谷川伸「瞼の母」

mbthh■作品紹介
1930年(昭和五年)作。
幼年に母と離別した渡世人・忠太郎。
瞼を閉じて映る、優しき母の面影―。

日本人の心を掻き毟る大衆演劇の大定番。

■出演
・番場の忠太郎:中澤まさとも
・おはま:大島由莉子
・お登勢:真一涼
・半次郎:柏士文
・半次郎の母:内海祐紀
・金五郎:出先拓也

村山籌子「三匹の小熊さん」

三匹の小熊さん画像■作品紹介
いつも仲良しな三匹の小熊さんたちの
愉快で楽しい一日。
今日はどんな出来事が待っているでしょう。

1924年~28年、雑誌「子供之友」で連載。
当時「婦人之友社」協力でアニメも製作。
2009年には絵師・村山和義と
「三匹の小熊さん」展も開催。

■出演
小熊1:柏士文
小熊2:中澤まさとも
小熊3・あひるさんのお父さん:出先拓也
あひるさん:五十嵐由佳
熊のお母さん:真一涼
角砂糖さん・犬の探偵:内海祐紀
雪だるま:内匠靖明
語り:大島由莉子

野村胡堂「銭形平次捕物控-和蘭カルタ-」

銭形平次 和蘭かるた画像■作品紹介
江戸市中を賑わす「子さらい」に
我らが銭形の親分さんが解決に乗り出す!
果たして、真相は…。

初出:1935(昭和10)年。

■出演
平次:出先拓也
八五郎:内海祐紀
お霜:大島由莉子
お春:真一涼
お君:五十嵐由佳
語り:尼子真理

久生十蘭「母子像」

母子像画像■作品紹介
昭和27年初夏。
ある少年が進駐軍の
厚木キャンプを放火した。

なぜ少年はそのような
愚行を犯したのか?

周囲の大人たちによって
語られる少年の姿は
一体、どれが真実なのか…。

昭和28年、吉田健一の訳で
「ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン」紙主催
国際短編小説コンクール1等の名作。

■出演

泉太郎:真一涼
ヨハネ:柏士文
太郎の母:尼子真理
米兵:呉圭崇
警察官:中澤まさとも
女性警察官:内海祐紀
ナレーション:出先拓也

★脚本:吉岡平

小林多喜二「独房」

dkbo■作品紹介
1933年に拷問死した著者による
プロレタリア文学の枠を超えた笑撃作。
1931年の仮釈放時に発表。
その楽天的な内容で話題となった。

■出演
・俺(田口):中澤まさとも
・看守:呉圭崇
・雑役:出先拓也
・母:尼子真理
・妹:内海祐紀
・友人:柏士文
・同志:内匠靖明

菊池寛「父帰る」

titi■作品紹介
1917年(大正6年)発表。
1920年市川猿之助(2代目)の上演以来
有名劇団により何度も上演・3度映画化。

物語の舞台は明治40年頃、十月。
家庭を捨てた父が、20年ぶりに帰るが…

■出演
・兄(賢一郎):内匠靖明
・弟(新二郎):柏士文
・妹(おたね):大島由莉子
・母(おたか):内海祐紀
・父(宗太郎):出先拓也

芥川龍之介「杜子春」

kumonoito■作品紹介
贅沢三昧の放蕩息子が財産を失った末
仙人に弟子入り希望!?

夏休みの課題図書御用達作品。

中国の古典「杜子春伝」を元に
芥川龍之介が脚色して
1920年(大正9年)に発表。

■出演
・杜子春:中澤まさとも
・仙人:出先拓也
・閻魔大王:呉圭崇
・男の声:柏士文
・母:大島由莉子
・語り:尼子真理

チェーホフ「嫁入り支度」

■作品紹介
ymir「私」が訪れた家は
まるで時が止まったかの如く
2人の女性がただ延々と
行くあての無い花嫁衣装を
縫っているだけだった。

閉ざされた空間の中、
満たされぬ願望を
いつまでも追いかける
2人の女性はいつの間にか
少しずつ何かを失って…。

■出演
・私:柏士文
・マーネチカ:五十嵐由佳
・チカマーソフ婦人:大島由莉子