きく名画「ミレー/オフィーリア」

 

番外編「きく名画のドラマ」第四弾。

「オフィーリアよ!尼寺へ行け!」
シェイクスピア三大悲劇の一つ「ハムレット」のヒロイン、
オフィーリアを描いた有名作。
名画誕生の裏側と、モデルの女性エリザベス・シッダルの悲劇を紹介。
【出演】
・ナレーション:五十嵐由佳
・セリフ:大島由莉子
【登場名画】
ミレー作「オフィーリア」
ドラクロワ作「ハムレット」連作
ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ作「ベアタ・ベアトリクス」

横光利一「春は馬車に乗って」

■作品紹介
病床にふせる妻と看病する夫。
緩やかに訪れる妻の死をどうする事も出来ず
ただ見守る事しかできない悲しみと葛藤。
作者自身の体験を基に
夫婦の愛情と融和が描かれた名作。

初出:1927年(昭和2年)

■出演
夫:出先拓也
妻:山川琴美
語り:尼子真理

吉田兼好「徒然草-四十五段、六十八段-」

【作品紹介】
日本三大随筆の一つより

・榎木の僧正(四十五段)
・筑紫の押領使(六十八段)

深く信をいたしぬれば
かかる徳もありけるにこそ…

【出演】
・吉田兼好:内海祐紀
・良覚僧正:呉圭崇
・押領使:大島由莉子
・賊:出先拓也
・賊:柏士文
・??:中澤まさとも
・??:髙坂篤志
・女:尼子真理、五十嵐由佳、真一涼、山川琴美

ゴーゴリ「検察官」

【作品紹介】
1836年初演。
ロシアの官僚社会の腐敗を痛烈批判。
当時、特権階級から非難されるも
庶民から大喝采を浴びた。

日本でも度々上演。

【出演】
・市長:内匠靖明
・フレスタコーフ:中澤まさとも
・アンナ:山川琴美
・マリヤ:五十嵐由佳
・役人:呉圭崇、柏士文、出先拓也

太宰治「老(アルト)ハイデルベルヒ」

■作品紹介
誰もが心に持つ思い出の場所。
青春時代に過ごした三島へ再び訪れた津島氏。
思い描いた憧憬の地が今の彼の眼にはどう映ったのだろうか…。

マイヤー・フェルスターの「アルトハイデルベルク」を
モチーフに描かれた、郷愁を誘うノスタルジックな作品。

きくドラの過去作品
マイヤー・フェルスター「アルト・ハイデルベルク」も
合わせて聞くと、より深く楽しめるかも。

■出演
津島修治  中澤まさとも
佐吉    呉圭崇
さい    五十嵐由佳
修治の友人 柏士文
美知子   内海祐紀
母親    尼子真理
老店主   出先拓也

★脚本:吉岡平

吉田兼好「徒然草」

【作品紹介】
日本三大随筆の一つより
・女性の話(三十一、三十二段)
・名人の話(百九、百十段)
・謎の言葉の話(百三十五段)を抜粋。

「むまのきつりやうきつにのを
かなかくぼれいりくれんとう」って?

【出演】
・吉田兼好:内海祐紀
・堀川具親(双六名人):柏士文
・藤原資季(木登り名人):呉圭崇
・源具氏:中澤まさとも
・貴族:大島由莉子
・手紙の女:尼子真理
・具親の恋人:真一涼
・女房:五十嵐由佳

小林多喜二「老いた体操教師」

■作品紹介
生徒たちに人気の
体が不自由な体操教師。
しかし、あるとき彼が抱いた不安は
周囲に大きな波紋を起こして…。

プロレタリア文学の第一人者として
名を遺した小林多喜二の初期作品。

初出:1921年

■出演
T先生  出先拓也
T夫人  大島由莉子
生徒1  呉圭崇
生徒2  中澤まさとも
生徒3  内海祐紀
語り   尼子真理

★脚本:吉岡平

徳田秋声「和解」

【作品紹介】
1933年発表。
文豪・尾崎紅葉門下四天王
「徳田秋声」と「泉鏡花」。
絶縁状態だった二人だが、ある日、
鏡花の弟・豊春が秋声を訪ね…。

【出演】
・徳田秋声:出先拓也
・泉豊春:呉圭崇
・泉鏡花:中澤まさとも

谷崎潤一郎「文壇昔ばなし」

【作品紹介】
谷崎晩年の文壇エッセイより
「泉鏡花」「徳田秋声」「芥川龍之介」
との思い出を紹介。

【出演】
・谷崎潤一郎:呉圭崇
・徳田秋声:出先拓也
・泉鏡花:中澤まさとも
・芥川龍之介:内海祐紀

中勘助「漱石先生と私」

中勘助 画像■作品紹介
「私が初めて先生と出会ったのは
第一高等学校に英語教師として
赴任されたときだった…」

夏目漱石の弟子として静かな輝きを放った中勘助が師との邂逅から別れまでを描いた名作。

■出演
私(中勘助) 中澤まさとも
夏目漱石   出先拓也
寺田虎彦   呉圭崇
学生1    内海祐紀
学生2    呉圭崇
夏目家の女中 尼子真理

★脚本:吉岡平