村山壽子「あひるさんと時計」

何でもかんでも真似したがる小さいあひるさんがいました。
ある日、大きなあひるさん達が持ってる時計が欲しくて堪らず、お父さんにおねがいすると…。

■出演
子あひる   藤本教子
父あひる   平居正行
おばあちゃんあひる  大島由莉子
七面鳥   内海祐紀
語り    中澤まさとも

岡本かの子「好い手紙」

男の元に届いた手紙は、見知らぬ女性からのものだった。
しかもそれは3本目の手紙…
これは一体どういうこと?
女は気になり追及を始めるが…

■出演
女:青山優子
男:林佑樹
語り:真一涼

ダンテ「神曲-天国篇-」

1300年4月7日。
ダンテは初恋の人・ベアトリーチェと再会し、天国に達した。
第十天・至高天エンピレオの美しさは、人間の言語表現の限界を超える。

【出演】
ダンテ:中澤まさとも
ベアトリーチェ :山川琴美
聖ベルナルドゥス :出先拓也
アダム :鈴木将之

落語「まんじゅうこわい」

長屋で怖いもの自慢をする一同。
その中で、天邪鬼の源さんだけは怖いものなんて何一つないと強がっているが…。

言わずと知れた古典落語の名作。

■出演
兄分  出先拓也
長太  平居正行
A   武田慎太郎
B   真一涼
C   内海祐紀
D   藤本教子
E   大島由莉子
F   青山優子
源   林佑樹

楠山正雄「たにしの出世」

貧しいお百姓の夫婦はいつも汗水たらして働きながら、水神さまのお社にお参りをして、子どもの誕生を願っていた。
そんなある日突然、たにしの子を授かって…。

日本の昔話「たにし長者」でも有名なお話。

■出演
たにし:林佑樹
父:武田慎太郎
母:五十嵐由佳
長者:出先拓也
姉:内海祐紀
妹:真一涼
百姓1:山川琴美
百姓2:五十嵐由佳
下男1:平居正行
下男2:内海祐紀
町人1:真一涼
町人2:平居正行
語り:藤本教子

ケイト・ショパン「妻の手紙」

妻を失った男が見つけた手紙の束。
そこには「開封されず処分されることを望む」と…。
亡き妻の遺言に、男は葛藤の末に…。

■出演
妻 五十嵐由佳
夫 出先拓也

☆脚本:山川進

山本周五郎「雨あがる」

雨あがる (ハルキ文庫 や 7-4 時代小説文庫)

武芸絶倫だが温厚な性格が災いし、長く仕官の旅を続ける武士とその妻。
長雨の中、安宿の客たちとの交流をきっかけに、明るい兆しが…?
黒澤明の遺稿をもとに2000年、小泉堯史監督が映画化。

【出演】
三沢伊兵衛:武田慎太郎
おたよ:青山優子
おろく:山川琴美
客①:藤本教子
客②:林佑樹
武士:平居正行
青山主膳:出先拓也
語り:大島由莉子

太宰治「失敗園」

わが家にある六坪ほどの庭に無秩序で植えられた植物たち。
彼らは満足に育つこともできず恥ずかし気にこそこそと話し合っており…。
■出演
太宰      出先拓也

とうもろこし  真一涼

トマト     武田慎太郎

クルミの苗   内海祐紀

ネムの苗    大島由莉子

にんじん    鈴木将之

だいこん    真一涼

綿の苗     五十嵐由佳

へちま     林佑樹

バラ      青山優子

ねぎ      呉圭崇

花の咲かぬ矢車草 出先拓也

アーサー王物語「ランスロットとガウェインの戦い」

湖の騎士ランスロットと王妃グイネヴィアの愛。
そして、不義の子・モルドレッドの暗躍。
アーサー王の王国ログレスと円卓騎士団に滅びの兆しあり。

【出演】
語り:出先拓也
モルドレッド:武田慎太郎
ガウェイン:林佑樹
ランスロット:山川琴美

芥川龍之介「藪の中」

平安時代、ある男が藪の中で殺された。
その事件の真相を巡り7人の関係者から話を聞くと、それぞれ微妙に話が食い違っており…。
一体誰が真実を語っているのか?
真相は藪の中へ…。
アンブローズ・ビアス「月明かりの道」に刺激を受けた芥川龍之介の名作短編。

■出演

多襄丸 林佑樹

真砂 真一涼

木樵り 出先拓也

旅法師 武田慎太郎

放免 呉圭崇

媼 青山優子

巫女 五十嵐由佳

ナレーション 内海祐紀

☆脚本:山川進

ギヨーム・アポリネール「死後の許嫁」

ロシアの若者が教師の家に下宿をし、物静かで美しい夫人に恋をした。
若者は彼女に思いを伝えるが、それは罪悪にも等しい行為だった。
1916年発表。

【出演】
夫:出先拓也
マダム・ミュスカアド:青山優子
ロシアの若者:山川琴美
語り:内海祐紀

アンブローズ・ビアス「月明りの道」

ある殺人事件について、それぞれの関係者から語られる事実。
どれもが当人にとっての事実ではあるが、その真実は果たして…。
芥川龍之介「藪の中」のモチーフとなった名作。

初出:1907年■出演
ジョエル・ヘットマン・ジュニア 鈴木将之

ジョエル・ヘットマン      武田慎太郎

キャスパー・グラタン      呉圭崇

ジュリア・ヘットマン      大島由莉子

ナレーション          五十嵐由佳

☆脚本:山川進

田中光顕「維新風雲回顧録」

幕末の動乱・明治・大正・昭和を生き、95歳で天寿を全うした最後の志士の回顧録より。
田中の師・高杉晋作の教え
同郷土佐の先輩・坂本龍馬と中岡慎太郎の雄飛。

【出演】
田中光顕:呉圭崇
中岡慎太郎:武田慎太郎
高杉晋作:鈴木将之
軍人/桂小五郎:出先拓也
坂本龍馬:林佑樹

林芙美子「ひらめの学校」

海の底にはひらめの子供たちが通うひらめの学校がありました。

今日は、サバ村に見たことのない大きな怪物を見学に行くことになって…。

魚たちの視点から人間を独特の視点で覗いた不思議な童話。

初手:1947(昭和22)年

■出演

語り      山川琴美

生徒1     青山優子

生徒2     内海祐紀

体操の先生   出先拓也

鯖村の村長   平居正行

村男1     平居正行

村男2     出先拓也

老婆      青山優子

男の子     内海祐紀

ひらめ村の村長 武田慎太郎

小川未明「月夜とめがね」

静かな町のはずれに住んでいるおばあさんのもとに突然訪れためがね売り、そして一人の少女。

それぞれの交流が、穏やかな月夜の情景とともに優しく描かれた物語。

■出演

・おばあさん:大島由莉子

・男/女の子:真一涼

・語り:内海祐紀

野村胡堂「向日葵の眼」

加奈子は幼馴染・麗子の母が行方不明になったと聞き、叔父の六郎とともに向日葵御殿と名高い彼女の屋敷へ向かうのだった。

手掛かりは母の失踪前に渡された指輪とそれに刻まれた「向日葵に眼を与えよ」という文字のみ。
「銭形平次」で有名な著者の当時はまだ珍しかった少女探偵もの。
初出:「少女倶楽部」1929(昭和4)年11月
■出演

加奈子 藤本教子

麗子  五十嵐由佳

六郎  柏士文

紺野  平居正行

語り  出先拓也

中島敦「下田の女」

「私は、都会で恋をしたのです。
けれども、その結果は、あまりに無残なものになってしまいました。
そして、都会の皮膚のあまりの青白さにたえかねて、私は、この南の国に来たのです」

そんな男に女が言う。

「ねえ、お友達になって下さらない?」

昭和2年発表。

【出演】
私:鈴木将之
女:青山優子
女:大島由莉子
女:内海祐紀

オスカー・ワイルド「わがままな巨人」

そして季節は廻り、春になりましたが子供たちのいない庭はずっと冬のままで…。
『幸福な王子』と同時期(1888年)に発表された名作童話。

■出演
巨人     中澤まさとも

小さな男の子 五十嵐由佳

男の子A   真一涼

女の子A   山川琴美

女の子B   大島由莉子

雪      五十嵐由佳

霜      藤本教子

木      青山優子

ナレーション(NA)内海祐紀

☆脚本:山川進

ギヨーム・アポリネール「アムステルダムの水夫」

オランダの帆船アルクマール号の水夫ヘンドリックが南国産のオウムを肩に乗せ上陸すると、立派な紳士が近づいてきた。
「やあ君、そのオウムを、売るつもりはあるかね」
紳士はヘンドリックを郊外の自宅に案内するが…。

【出演】
ハリー:出先拓也
ヘンドリック:武田慎太郎
女+オウム:山川琴美
語り:青山優子

落語「親子酒」

ある親子がそろって禁酒を始めたけれど…。
どんなものでもそうですが、止めて数日は何とかなるものですが、半月も経つと「少しくらいなら」とついつい気が緩んでしまい…。
■出演
語り      平居正行
父       出先拓也
母       内海祐紀
息子      武田慎太郎